takagihitoshi-sr’s diary

一路社労士のブログ

10/18 ディーセントワークとバームクーヘン

ディーセントワークという言葉があるそうです。

www.ilo.org

ILOさんの定義らしいですが、日本版としては

①働く機会があり、持続可能な生計に足る収入が得られる

②働く上での権利確保と職場での発言が実行しやすい

③家庭生活と職業生活の両立

④公平かつ男女の平等な扱い

とか働きがいのある人間らしい仕事、職場でしょうか。

鬼のように100時間残業していた勤務時代を思いおこしています。

 

www.nikkei.com

土曜日の日経さんのおまけ記事はバームクーヘン。

まだ、いただいていない全国区の銘品がずらり。

機会あらばいただきたいものです。

10/13 がんを診る(日経夕刊)

日経夕刊(10/13)中川恵一先生のコラムです。

www.nikkei.com

がんの生涯罹患率は二人に一人だそうです。

でも、避けられるものならば、、、ですね。

タバコ、お酒、食生活、適度な運動、、気をつけたいものです。

medical-tribune.co.jp

少し古いですが、一定の条件でタバコは男性で8年、女性で10年の影響ありとか。

健康で長生きしたいものです。

 

dm-net.co.jp

 

 

10/10 スティグマ

スティグマ、社会的スティグマという言葉があるそうです。

差別や偏見という意味らしいです。

以下は、「国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター」さんのサイトです。

www.ncnp.go.jp

 

こちらは、「国立成育医療研究センターこころの診療部リエゾン診療科」さんの

サイトです。

 

https://www.ncchd.go.jp/news/2020/60b795a524385f4d495b3a7a8af33b5fa5fe38cc.pdf

9/30 カフェイン

コーヒーが好きなのでよくのむのですが、気になるのがカフェインですね。

カフェインの適量ですが、以下厚労省さんのサイトでは健康な方ですと一日

400mgまで、コーヒーは3,4杯とするのがいいらしです。

 

www.mhlw.go.jp

 

が、これにチョコもあわせて頂きますとオーバーかもですね。

チョコもカフェインの含有量多いようです。

なにごともほどほどですね。

今月も今日で終わりです。

お疲れ様でした。月末期末、期初どうか平穏にお過ごし下さい。

 

9/24 弁形成術と弁置換術、障害認定日

中学時代に習ったので記憶もあいまいですが、心臓には4つの部屋があります。

右心房、右心室、左心房、左心室。

「解説図、左にあるのに右心房・右心室、右にあるのに左心房左心室?」

「心臓から出るのが肺動脈(静脈血)、心臓に戻るのは肺静脈(動脈血)」

当時も覚えるのは大変でしたが、なにやら神秘的でウキウキしていました。

さて、この4つの部屋には、それぞれ弁があります。

三尖弁、肺動脈弁、僧帽弁、大動脈弁。

この弁の開閉の不具合から血流に異常が生じるのが心臓弁膜症です。

原因や治療は以下、「国立研究開発法人国立循環器病研究センター」

さんのサイトをご覧下さい。加齢による動脈硬化もその原因です。

www.ncvc.go.jp

 

障害年金の受給要件に該当する場合、障害認定日は初診日から1年

6月後ですが、弁置換術の場合は手術したその日、弁形成術の場合は通常

どおりの1年6月後になります。

避けては通れぬ疾病やケガはあり、障害年金もその際のささえとなります。

日常より生活に気を配り、健康寿命を伸ばしたいものですね。